読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死に数学は効かない

あらゆることを。

君が黒と共に死ぬというから

君が黒と共に死ぬと言うから
僕は君のためだけに白になった

僕は君をひたすら愛した
君はいつも美しく闘っていた

僕は君に近づきすぎて
君は僕を認知しだした

僕たちはいつの間にか
長い長い年月を交ぜあい
灰色になってしまった

絶対的な灰色
曖昧の象徴の、完全体

黒と共に死のうとしていた君が好きだったのに

後悔、後悔、後悔、後悔、後悔、後悔、

灰の中で燻ぶる僕に
君はそっと囁いた

これがもし絶対なのだとしたなら
私は灰色と貴方と生きたいわ

僕は泣いた、涙は透明な灰色

少しだけ薄くなった灰の中 で
ただ曖昧なキスをした