読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死に数学は効かない

あらゆることを。

紙飛行機

僕の未来は例えるならば、薄い一枚の紙だ

何かを書き加えることも、破り捨てることも、少しだけ折ることもできる

人はいつだって、未来の自分に対してだけは独裁的だ

期待をすることも、絶望することも、紙切れに対して行われているんだ

僕の未来は薄すぎて、すぐに破れてしまうんだ

壊れることは嫌いじゃないよ
破れることは悪ではないよ

ただ紙飛行機を作ることができなくなるから、飛べなくなるだけ

僕はどこへも行けない