読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死に数学は効かない

あらゆることを。

私は何時も想ふのです。

貴方の膚の暖かさ、貴方の聲の柔らかさ、貴方の瞳の哀しさを、私は何時の日か、此の五感で捉えられなくなるのでせうか。

私は常に未来が恐ろしゅう御座います。

まるで小さな赤ン坊のやうに、私は縮こまりめそヾと泪を溢し不安と戦ふしかないのです。

恋等愛等問題でなく、師等弟子等にもあらず、友も他人もないのです。

只管、痛ひ。只管、恐ひ。

強烈な痛みが永遠に続ひてゐる癖に、私は死ねなひのです。

ですから私に、下さいませ。

貴方の想ふ、ありつたけの、美を、有を、熱を、そして眼差を。

どうかお願ひ致します。

私を、生かして、私を、殺して、そして、唯、手をお繫ぎくださいまし。